東京リウマチクリニック リハビリハンドブック
jiyustaff.exblog.jp
ブログトップ
タグ:リハビリ ( 12 ) タグの人気記事
はじめまして
みなさん、こんにちわ169.png

ご紹介が遅くなりまして申し訳ございません119.png
新年度を迎えるにあたり東京リウマチクリニックリハビリテーション科に
新しい仲間が入職されました113.png


ご紹介させて頂きます


みなさんは、じめまして

H29年12月より東京リウマチクリニックリハビリテーション科に勤務しております
理学療法士の小林 友仁(こばやし ともひと)です181.png181.png181.png

以前は埼玉県のリハビリテーションクリニックに5年間勤務しておりました。
出身は埼玉県伊那町で、大宮からから電車で20分ほどのところにあり、
とてものどかなところです。

「この人にリハビリをやってもらえてよかった」と思っていただけるよう、
日々知識と技術向上に取り組んでいます。

幼少期からサッカーに励み、大学時代には小学生に指導者として関わってきました。
自宅でのセルフケア・ご自身で動いて出来る運動なども併せて提供できたらと思っています。

元気良く、一緒にリハビリを行っていきましょう166.png166.png166.png
これからどうぞよろしくお願いします109.png



はじめまして
今年の1月より入職いたしました、
理学療法士の瀧川 悠(たきがわ ゆう)です114.png114.png114.png

これまでは埼玉で理学療法士として介護老人保健施設、回復期病院と勤務しておりました。
そこでは患者様の生活機能や、いかにその人らしい生活が送れるようにと
リハビリテーションを通じて支援して参りました。

クリニックでは「痛み」でお悩みの方やお困りの方が多いと感じております。
「痛み」があることで生活に不自由を感じ、仕事に支障を来たしたりと、
様々な場面での活動制限が生じているかと思います。
このような制限を軽減させていくことがリハビリテーションを行う上で
必要な目的であり目標になると思っております。

そのために必要な治療や運動指導、動作練習を行い、
患者様の生活機能アップと生活の質を高められるよう
リハビリテーションの提供を行っていきます178.png178.png178.png

出身:長野県上田市 真田幸村ゆかりの地
観光地:上田城、別所温泉
好きなもの:旅、スポーツ(専門:サッカー)、ピッツァ、ビール

どうぞ、よろしくお願い致します124.png



                 (左)小林友仁 (右)瀧川悠
e0203948_18454732.jpg

[PR]
by jseikei3 | 2018-05-21 19:31 | 自己紹介
院内勉強会 産前、産後のリハビリについて
こんにちは。
理学療法士の岩井です。

先週のリハビリテーション科の勉強会で、
産前、産後のリハビリテーションについて研修報告を行いました。

私がこの研修に参加したきっかけは、
① 妊娠中、普段にはない腰痛(仙骨痛)が出た。
② 産後も、周りのママ友が全員!膝痛や腰痛などの関節痛を患って、
育児に家事に支障をきたしていた。
③ 当院に来られる膝痛や腰痛、関節リウマチの女性の患者さんの中に、
産後から症状が酷くなったと訴える人が少なくない。
④ 尿漏れの症状を訴える患者さんが多い。
⑤ 孫の世話をしている患者さんの関節痛を楽にしたい、予防したい。
これらの理由からです。
e0203948_17114289.jpg

産前、産後の女性や、
お孫さんの世話を含めた育児中の患者さんへの関わりが、
腰痛や膝痛など、将来的な様々な症状を予防するのに重要だと感じていましたが、
自身の出産でさらにその気持ちが強くなりました。

妊娠・出産・育児環境の先進国とも言われるフランスでは産後10回まで、
専門の運動療法士(日本での理学療法士)や助産師による骨盤底をはじめとする身体ケアを受けることが
保険下で保障されています。
(http://perinee-rehabilitation.jimdo.com/産後リハビリテーション研究会ホームページより抜粋)
しかし、残念ながら日本ではその様な産後ケアを受ける制度は確立されていません。

私の受けた研修の講義内容は以下です。
おおまかにあげましたが、非常に勉強になり、有意義な時間でした。

①妊娠するための生理の考え方
体脂肪率が18%を下回ると、無月経に。妊娠するには過度なダイエットは要注意。など
②妊娠による女性の体の変化
③妊婦さんの評価方法
④産前の体操内容や姿勢指導
⑤産前、産後の運動や姿勢指導時の注意点
⑥妊娠中のセラピストが治療を行う際の姿勢について

今後も勉強を続けて、患者さんのリハビリテーションへ繋げていきたいと思います。
産後から身体の調子が悪い方、
お孫さんの世話をしていて、関節痛に悩まれている方、、
ご興味があれば、主治医、リハビリテーション科までご相談下さい。

理学療法士 岩井 実穂子
e0203948_14494999.jpg
おまけ✩  近所の畑にて。1歳半になりました


[PR]
by jseikei3 | 2015-04-17 14:59 | リハビリ・運動療法
すねのずれによる膝痛
こんにちは。
理学療法士の岩井です。

毎日の気温の差がありますが、皆さまいかがお過ごしですか?

今日は、炎症がない時の膝痛の原因の一つについて、考えてみました。
膝のMRIで、半月板が膝の外側に飛び出していることがあります。
リハビリでそういう症状のある患者さんの膝を触ると、
脛骨というすねの骨が大腿骨(太ももの骨)に対して後方に、
さらに内側や外側に捻れてずれていることが数多く見られます。

細かく触っていくと、ふくらはぎや、膝裏、もも裏の筋肉、膝の周りの軟部組織などが硬くなっています。

これは、もともとの膝の変形に加えて、隠れ扁平足や外反母趾などの足の変形や、
腹筋などの体幹や下肢の筋力低下も影響していると思います。
またその方の身体の使い方の癖も、膝のねじれの原因になります。

マッサージや運動をしながらすねの骨の位置を戻して、
更に、周りの筋肉に力が入りやすい状態に、筋力トレーニングをすると、
膝の痛みが楽になる患者さんが多いです。

この膝の痛みを出すすねの骨の”ずれ”は、
体操などで自分である程度コントロールができると私は考えています。
また、ご自分の身体の使い方の癖を理解していただくことも重要です。

マッサージを受けても、1日、2日後には膝の痛みが元に戻ってしまう方、
根本的な膝のずれを生じさせている問題を解決すると、症状は楽になることが多いのです!

当院のリハビリテーション科では、膝の痛みが楽になる運動や動作を指導しています。
リハビリテーションを行っていない方は、主治医の指示が必要になりますので
一度診察でご相談ください。



[PR]
by jseikei3 | 2015-04-15 15:05 | リハビリ・運動療法
初めまして(^^)
初めてブログを担当させていただきます。

2月から常勤勤務しております、丹羽麻奈美(にわまなみ)と申します058.gif
理学療法士、ヨガインストラクターです016.gif

簡単に自己紹介をさせていただきたいと思います056.gif



出身は群馬県(山に囲まれた田舎)です
のびのび育ちました026.gif072.gif


小学3年生からバスケットボールをしていて
高校生のときにアキレス腱を断裂し、手術、
その後のリハビリで理学療法士と出会い、この職業を目指しました043.gif




茨城県の大学へ進学し、
茨城県つくば市の病院に勤務しました060.gif




ヨガは大学時代に初めて体験してから自分のカラダにとても合っていると感じ
患者様に提供できることの幅を広げられたらと思い、インストラクターを取りました053.gif
e0203948_10275647.jpg

他にも産後の女性に対するアプローチの資格も所有しています072.gif


色々な年代の女性の声に耳を傾けて
しっかり対応できるセラピストになりたいと思っています011.gif



好きな動物はです053.gif053.gif
e0203948_10280013.jpg



実家のトイプードルです037.gif056.gif





これから宜しくお願いします((☆´∇)从(∇`★))

[PR]
by jseikei3 | 2015-03-18 19:00 | 自己紹介
☆セミナー参加報告☆
こんにちは!
理学療法士の松村です^^
今日は秋分の日ですがいかがお過ごしでしょうか?
ちなみに秋分の日とは、「祖先をうやまい、なくなった人々をしのぶ」ことを趣旨としているそうです。

そんな日ですが、私は神奈川は横須賀にある神奈川県立保健福祉大学までセミナーに参加するために行ってきました。
e0203948_211691.jpg


京急の県立大学という駅にあるのですが、海も山も近くにありとても素敵な場所でした。
e0203948_2116478.jpg


テレビの撮影で使われそうな綺麗な大学です。
e0203948_21155570.jpg


今回のテーマは「臨床に活かすための動作分析~その臨床展開の実践~」でした。
理学療法士を対象としたセミナーのため小難しいテーマがついていますが、バイオメカニクスのスペシャリスト達が研究を行った結果を、どのように日々の理学療法で用いるのかという内容でした。
e0203948_21153762.jpg


e0203948_21155914.jpg


・変形性膝関節症の方の歩行を改善させるためにはどうしたらいいか?
・人工膝関節置換術を行った方に対する理学療法のアプローチ方法のポイントは?

膝が悪いからといって膝だけを治療すればいいのではなく、股関節、足関節なども治療していかなくてはならないことを、科学的に示してもらいました。

皆様に還元できるような内容もあり、充実した時間となりました。

知り合いの先生も発表していたので、私も負けずに頑張っていこうと思います。

またセミナーなど参加しましたら報告させていただきます^^


自由が丘整形外科 リウマチ・膝関節専門
〒158-0085 東京都世田谷区玉川田園調布1-15-12
03-3722-1411
[PR]
by jseikei3 | 2014-09-23 22:32
第4回リウマチ勉強会
こんにちは!理学療法士の松村です。
はっきりとしない天気が続いており、空気が乾燥してきましたね。
皆様、風邪など引いたりしていないでしょうか?私は乾燥のせいか少し喉が痛いです・・・(^_^;)

9月9日に当院理学療法士の輿による第4回リウマチ勉強会が行われました。

今回のテーマは「リウマチと心疾患について」でした。
e0203948_17033244.jpg
内容は、
・リウマチ患者に多い心疾患とその原因
・心疾患と運動療法
・心臓リハビリテーションにおいて理学療法士が留意すべき点
について講演してもらいました。
e0203948_17043106.jpg
まとめとして、リウマチで心疾患を有している方でも、過剰な負荷に注意しさえすれば運動を長期的に継続していくことが重要とのことでした。

リウマチに限らずどんな方にも共通ですが、無理のない範囲で運動を継続していくことは重要です。

是非、ラジオ体操など簡単なものからでもいいので、運動習慣を身につけましょう(^^)


自由が丘整形外科 リウマチ・膝関節専門
〒158-0085 東京都世田谷区玉川田園調布1-15-12
03-3722-1411
[PR]
by jseikei3 | 2014-09-20 17:10 | リハビリ・運動療法
学会発表報告
蒸し暑く寝苦しい日が続く中、いかがおすごしでしょうか?
こんにちは。理学療法士の松村です(^_^)

7月26日、首都大学東京 荒川キャンパスにて「第50回 日本理学療法学術大会 プレ・コングレスミーティング 全国症例研究発表大会」が開催され、発表を行ってきました。
e0203948_1855553.jpg


内容は、めまい(良性発作性頭位めまい症)を有する患者様に対する治療が著効した症例についてです。

めまいと聞くとどこからくる病気だと思われるでしょうか?
頭?頸?耳?
正解は全てで、
①頭からくるもの(中枢性めまい)
②首からくるもの(頚性めまい)
③耳からくるもの(耳性めまい)
の3種類に大きく分けられます。

その中で良性発作性頭位めまい症(BPPV)とは、③の耳性めまいという分類になります。
なでしこJAPANの澤選手が発症したことでメディアでも取り上げていましたね。
その原因は、耳の中(内耳)にある三半規管の中でも、特に後半規管と呼ばれる部位内を耳石が移動してしまいめまいが出現するものです。
(耳石とは文字通り石ですが、炭酸カルシウムにタンパクがくっついた非常に小さな結晶のことです)

その特徴としては、ある方向を向いたらめまいが出る(右を下にして寝る時など)、耳鳴や難聴は伴わない、などがあげられます。
e0203948_196862.jpg



実は私自身も昨年突然BPPVになってしまいました。

私の場合、大学病院を受診したところ薬を処方されたのみでその他の治療は特にされませんでした。
その結果、約1週間めまいと嘔吐によって仕事も出来ず苦しい思いをすることになりました。(今では元気です^^)

このような経験から何か良い治療法はないのかと思い様々な論文などを調べたところ、Epley法という治療法が最も有効であるという報告を発見しました。

Epley法とは頭の位置を動かしてあげることで、後半規管内にある耳石を元あるべきところに移動させてあげる治療法です。

今回発表させていただいた患者様も1回の治療で9割方症状が改善しました^^

発表は質疑応答にて6名ほどから質問をいただき、非常に活発な議論をすることができ、有意義な時間となりました。
e0203948_1995153.jpg



そして7月29日、院内のスタッフ向けに「めまいの理学療法」についての勉強会を開きました。
e0203948_18594327.jpg


めまいに関する基礎的なことから、その評価法、治療法に至るまで行い、最後は実際にEpley法の実技を行い終了しました。
e0203948_1923222.jpg


めまいに対する理学療法は、アメリカなどではスタンダードになっているのですが、日本ではなじみがありません。

私のように自分自身が体験し、さらに患者様に対する治療を行わせてもらった経験のある理学療法士が、少しでもその経験を発表し伝えていくことが重要であると考えています。

我々、自由が丘整形外科スタッフ一同は定期的に勉強会を行い、知識・技術の共有、
向上に努めております。
今後もスタッフ一同精進してまいりますのでよろしくお願いいたします。

注:めまいの症状がある場合、まずは専門の耳鼻科を受診し医師にご相談下さい。
[PR]
by jseikei3 | 2014-07-31 19:10 | NEWS
理学療法士の難波志乃 ♪情報誌インタビュー♪
こんにちは!
理学療法士の松村です。

先日、当院スタッフの難波志乃が情報誌の記事でインタビューを受けたのでその時の記事を紹介します。
この情報誌は、新卒理学療法士向けの求人情報誌です。
その中で全国の整形外科の中から唯一選ばれ掲載されました。
e0203948_17092980.jpg
難波は理学療法士の仕事だけではなく、毎週木曜にジャイロキネシスのインストラクターとしても当院5階StudioSEASONSにて活躍しているので、ご興味がある方は是非ご体験ください(^^)
ご不明な点は当院スタッフまで遠慮なくお問い合わせください。


POStyle

[PR]
by jseikei3 | 2014-06-03 17:40 | Studio SEASONS
育休から復帰いたしました。
こんにちは。
昨年9月より産休を頂いておりました、
理学療法士の岩井実穂子です。

昨年10月、無事に男の子を授かりました。
初めての子育てで、右も左もわからない状態ですが、
なんとか頑張っています。
e0203948_10332651.jpg


先月に待機児童の多い中、激戦を潜り抜け、なんとか保育園に預けることが出来まして、
先月30日より仕事復帰をさせていただきました。

これかたまた、皆さんの抱えている様々な痛みや、症状、それらが引き起こしている問題を
一緒に解決していきたいと思っています。

これからも、よろしくお願いいたします!

岩井 実穂子

056.gifリウマチ・膝関節専門 自由が丘整形外科
072.gif膝関節症専用膝サポーター自由膝
[PR]
by jseikei3 | 2014-05-12 10:39 | お知らせ
呼吸について
理学療法士の中村です。
早いもので今年も残り約半月となりました。

今回のテーマは『呼吸』です。
リハビリ中に呼吸を意識するよう言われた経験のある方も多いかと思います。

呼吸の仕方を大きく分けると2つあります。
胸式呼吸と腹式呼吸の2つです。
簡単にいうと、息を吸うときに胸を膨らませるのが胸式呼吸でお腹を膨らませるのが腹式呼吸です。

ピラティスでは胸式呼吸が、ヨガなどでは腹式呼吸が用いられます。
胸式呼吸を行うと、交感神経が優位になり筋肉が緊張した状態になります。
こうした筋肉の緊張を負荷として利用し、肋骨周辺のインナーマッスルである腹横筋を刺激します。腹横筋が働くと脊椎と骨盤を正常な位置に戻すことが出来るので姿勢も良くなります。また同時に、周辺のインナーマッスルにも刺激が入ります。

一方、ゆっくり息を吸いながらお腹を膨らませる腹式呼吸は、リラクゼーション効果があります。腹式呼吸を行うと、副交感神経の優位になり身体の各部位の緊張が解けてきます。
リラクゼーション効果により関節が緩むので、腹式呼吸は難しいポーズをとるヨガに向いています。

胸式呼吸は腹式呼吸と違い、身に付けるまで練習が必要です。
胸式呼吸は、息を吸うときに肋骨を開いて胸を膨らませ、吐くときに胸を縮めさせる呼吸法です。意識をしないと、息を吸い込むと横隔膜に合わせてお腹が膨れてきてしまいます。
コツとしては、肋骨の脇に両手を添えて息を吸う際に胸の膨らむのを意識しながら同時に腹筋(下腹部)を引き締めるように力を保つようにします。息を吐き出すときも腹筋を意識します。

胸式呼吸と腹式呼吸の両方の使い分けが出来るようになれるように練習してみて下さい。



056.gifリウマチ・膝関節専門 自由が丘整形外科
072.gif膝関節症専用膝サポーター自由膝
[PR]
by jseikei3 | 2012-12-15 18:23 | リハビリ・運動療法