自由が丘整形外科 リハビリハンドブック
jiyustaff.exblog.jp
ブログトップ
秋といえば!
こんにちは。
リハビリ助手の川田です!

さて、気がつけば9月も終わりに近づき、秋らしい陽気になってきましたね。
みなさんは“秋”と聞いて何を思い浮かべますか?

◇スポーツの秋
◆読書の秋
◇芸術の秋
◆紅葉の秋

色々ありますが、私は何と言っても・・・
『食欲の秋』です♪♪
食べることが大好きな私と友人たちで先日、鎌倉・江ノ島に行ってきました!
(余談:シルバーウィークに行ったのですが、シルバーウィークの由来が“敬老の日”があるからだということをつい先日知りました。)

着いて早々食べる・食べる・食べる。
美味しいものが多いので目移りしてしまいましたが、食べたいものは制覇しました!
e0203948_16321252.jpg


e0203948_16320988.jpg


e0203948_16320769.jpg


e0203948_16315490.jpg


食べてばかりではなく、もちろんお散歩もしました!
山道も海沿いもいっぱい歩きましたよ~!

e0203948_16320313.jpg


e0203948_16320186.jpg


e0203948_16315906.jpg


e0203948_16315771.jpg


e0203948_16315061.jpg


自然がいっぱいの中歩くのは気持ちがいいですね☆
しかし、この日は夏が戻ってきたのではと思うくらい暑く、終始汗だくでした。

e0203948_16320550.jpg

海岸でたそがれてます。笑

e0203948_16321426.jpg


e0203948_16321097.jpg


おもしろいおみくじもありました☆



気温も下がり過ごしやすくなってきたので、たまには普段あまりしないお散歩なんかもしてみるのも気持ちいいかな♪
と、感じたシルバーウィークでした!

[PR]
# by jseikei3 | 2015-09-30 16:41
ジュニア世代へのサポート!
みなさん、こんばんは。

リハビリテーション科、理学療法士の白須達也です。

先日、私が週1回サポートさせて頂いている我が地元、山梨県富士吉田市のサッカーチームが参加する大会で保護者や指導者の方にストレッチの正しい知識や方法を伝えさせて頂きました。

また小学生の子供達の身体のチェックも行ってきました。

e0203948_20531897.jpg
常勤スタッフ(理学療法士)の富田、非常勤スタッフ(理学療法士)の大日方にサポートを手伝って頂きました!

e0203948_20531368.png
e0203948_20531514.jpg
子供達の身体のチェック

e0203948_20532075.jpg
保護者の方への指導

e0203948_20531016.jpg
普段はこの様な形で指導しています

e0203948_20545161.jpg
最後に協力してもらった二人でパシャリ!

地元でこのような事ができたことを私自身、大変うれしく思っています。
この様な機会を作って頂いたみなさん、また協力をして頂いたみなさんに感謝しています。
ありがとうございました。

今後もこのような私達にできる事で社会に還元していきたいと思います。









[PR]
# by jseikei3 | 2015-09-03 21:06
夏は水分補給が大事

こんにちは!今月のブログを担当します、小山と申します!!

さて早速ですが、、、
ここ最近は台風の影響もあってか、涼しい日が続いていますね!あの猛暑は何処へ・・・。
でもまだまだ油断は禁物です!


私は、8月のお盆にお休みをいただき、群馬で農家をしている友人のお手伝いをしてきました。
暑い中、たくさんの汗をかきながら、夏野菜であるナスを収穫してきました。

たくさん汗をかいたので、もちろんしっかりと水分補給も取りました。
そこで勧められたのが、経口補水液OS-1という飲み物でした!
飲んだ感じは、薄味のスポーツドリンクのような味わいで、ポカリとは違って
甘さ控えめでとても飲みやすかったです!



そもそも経口補水液とは?
軽度から中等度の脱水状態の方の水・電解質を補給・維持するのに
適した病者用食品です。
例えば、下痢・嘔吐・発熱を伴う脱水症状
    高齢者の経口摂取不足による脱水症状
    過度の発汗による脱水症状      等


ではスポーツドリンクと何が違うの?
一般的なスポーツドリンクは、経口補水液よりも電解質濃度が低く、糖分濃度が高い飲み物です。
通常の水分・電解質補給であればスポーツドリンクでも充分ですが、下痢や嘔吐、激しい発汗などの
脱水症状には経口補水液が適しています。

電解質とはナトリウムやカリウムのことで、私たちの身体の水分や組織に存在し、細胞の浸透圧を調整したり、筋肉・神経細胞の働きに関わるなどの重要な役割をしています。電解質が少なかったり、多すぎたりすると細胞や臓器の機能が低下し、命に関わることがあります。

経口補水液(療法)は、開発途上国で起きた感染症の症状である下痢や嘔吐による脱水症状に対し、医療設備や医師の不足している国にとって大事な生命維持の手段として生み出されたものだそうです。


そんな経口補水療法ですが、私たち日本人は昔から身近にあるものだと知っていましたか??

実は日本では昔から風邪を引いたり、食あたりをすると『重湯に塩をまぶしたり、
梅干しをのせて食べる習慣』がありますよね。これが、水分と塩分、糖分を上手く吸収し、
経口補水療法と同じような効果が得られるのです。


このように、開発途上国や貧しい国での脱水症状における水分補給の手段として生まれ、
現在では私たちの身近な経口補水液。今ではいろんな企業から、そして飲料水の他にゼリータイプなど
も販売しているようです。
暑い日が続く夏の日や運動時、または水分が取りづらい高齢者の方はとても大事な水分補給。
いつものお茶やお水の代わりに、経口補水液を利用してみてはいかがでしょうか?




最後に、、、
<自家製経口補水液の作り方>
水・・・1000ml
塩・・・3g(小さじ1/2)
砂糖・・・40g(大さじ4と1/2)

※プラスでレモンやグレープフルーツなどの果汁をお好みで。
※砂糖の代わりにブドウ糖を使用する場合もあるようです。
作り方は調べるとたくさん出てくるので、
お好みのものを探してみるといいかもしれませんね!













[PR]
# by jseikei3 | 2015-08-27 18:22
森林浴でリフレッシュ!!
こんにちは。
トレーナーのヒガシオノです。

先日、長野県の白馬でキャニオニング(沢下り)をしてきました。
綺麗な森林と清流の中、沢を下りながら川遊びを満喫しました。
私は、川や山といった自然が大好きでよく行ってリフレッシュしてきます。

e0203948_17554151.jpg
白馬村



そこで今回は、森林が生み出す健康効果についてのお話です。

森林浴が生み出す健康効果
・ストレスホルモンの減少(コルチゾールというストレスホルモンの減少)
・交感神経が抑制され、副交感神経が優位になる(リラックスしている状態)
・収縮期・拡張期血圧、脈拍数の低下
・心理的に緊張が緩和し、活気が増す
・ナチュラルキラー細胞が活性化し、免疫機能が上がる
・抗ガンたんぱく質が増加する

森林浴をすると万病の元と言われるストレスも解消され、カラダの痛みも改善され、
ココロとカラダが元気になります!
東京都内にも自然豊かなところはたくさんありますので、
少し足を伸ばして、森林浴に行ってみてはいかがでしょうか?

e0203948_17555370.jpg
青森

e0203948_17555139.jpg
青森 奥入瀬渓谷

e0203948_17554687.jpg
相模原 キャンプ場



[PR]
# by jseikei3 | 2015-07-16 18:09 | 健康の豆知識
院長勉強会
こんにちは。理学療法士の皆川です。

6月19日(金)の業務後に院長主催の勉強会がありました。
e0203948_17535017.jpg


内容は
①膝関節の解剖とMRI 担当:富田
②リウマチ血液検査のポイント 担当:弦巻
上記2つの内容を発表して頂き、院長の解説、スタッフからの質問に回答して頂きました。




①膝関節の解剖とMRI
 膝関節には前十字靱帯、後十字靱帯、内側側副靱帯、外側側副靱帯の4つの靭帯、線維性軟骨構造の半月板があります。
 靭帯は膝の安定させ、過度な動きを制御してくれます。半月板は膝のクッションとなり衝撃を吸収し、滑りを良くします。

e0203948_1902565.png



②リウマチ血液検査のポイント
 リウマチの患者様に血液検査を行うことで、関節炎の評価と診断の指標になります。
 項目としては、炎症反応を見るCRP、免疫反応を見るRF、抗核抗体、抗CCP抗体、MMP-3があります。
 これらの項目の数値を見ることで炎症状態、治療効果、副作用の有無が見られます。

  ・CRP:炎症の強さを表します。正常値(当院)は0.45mg/dl以下
       リュウマチ患者では1~10mg/dlまで上昇
  ・RF :特性度は低いですが、数値が高いほど重症になりやすい。正常値は15mg/dl
      正常人でも1~5%は陽性、リウマチ患者の5%で陰性
  ・抗核抗体:リウマチ患者の20~30%で陽性、正常人でも4%で陽性となる。
         健康な高齢者では30%で陽性。他の膠原病と鑑別診断に有用
  ・抗CCP抗体:リウマチ発症早期、発症前に検出される発症予測因子。リウマチの診断に有用。
  ・MMP-3:血液中の関節破壊マーカーで、痛風や変形性関節症では上昇しないため、鑑別診断に有用。

 発表後は1人1人質問し、それに対して院長より丁寧に回答して頂きました。

毎月行われている院長勉強会では、スタッフ自身で内容を調べ・発表し、院長より解説して頂き、質問ができる最高の機会です。得た知識を実践し、患者様に還元できる様努力したいと思います。
次回勉強会が楽しみです。


自由が丘整形外科 リウマチ・膝関節専門
〒158-0085 東京都世田谷区玉川田園調布1-15-12
03-3722-1411
[PR]
# by jseikei3 | 2015-06-22 19:11