自由が丘整形外科 リハビリハンドブック
jiyustaff.exblog.jp
ブログトップ
<   2014年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧
牛乳とビタミンD

こんにちは!リハビリテーション科の津下です。

最近、急に冷え込む日が続き、いよいよ冬が近づいてきましたね!

本日はビタミンDと牛乳について面白い記事を発見したのでご紹介させて頂きます。

最近スーパーやコンビニでは様々な種類の牛乳やその代用品が売られていますよね。

低脂肪牛乳、豆乳、アーモンドミルク、ココナッツミルク…etc

どれも美味しそうで迷ってしまいますね~^^

そんな中、小さいお子さんをお持ちの親御さんや、骨粗鬆症予防をお考えの方まで、強く健康な骨を意識する全ての人々へ、気になるニュースを発見しました!

The Canadian Medical Association Journal に掲載された1歳から6歳までの子供たちを対象にした調査によると、ビタミンD含有量の観点からは子供たちには牛乳を選んだほうがいいとの解釈が出ているそうです!この調査自体は継続中ですが、途中経過の段階でも、上述した乳製品を牛乳の代用として飲み続けるとビタミンDの摂取量に差が出てきてしまうそうです。

http://www.cmaj.ca/content/early/2014/10/20/cmaj.140555

http://podblog.blogs.hopkinsmedicine.org/2014/10/24/cows-milk-wins-at-least-for-now/

ビタミンDはカルシウムの吸収に重要な役割を果たしてくれます。

幼少期には活性型ビタミンDの不足により、骨がきちんとカルシウムを蓄えられない‘くる病’という病気になりやすく、弱い骨になってしまいます。大人では、骨軟化症と呼ばれる、やはり骨が弱くなる病気にかかりやすくなります。幼少期の子供たちにとっては牛乳を飲むことが一番のビタミンD摂取源であり、外遊び時間を長くして、日光に当たるようにしても、食事からのビタミンD摂取を補うことは難しいとのことです。

バリエーションも豊富で美味しい牛乳の仲間が沢山ありますが、ビタミンDの含有量は牛乳に勝るものは今のところないようですね!

日が短くなる前に、おいしい牛乳を飲んで、太陽の光を浴びに秋晴れのピクニックでもいかがでしょうか?^^




自由が丘整形外科 リウマチ・膝関節専門
〒158-0085 東京都世田谷区玉川田園調布1-15-12
03-3722-1411
[PR]
by jseikei3 | 2014-10-31 15:10
☆学会参加報告☆
こんにちは!理学療法士の松村です(^_^)
季節の移り変わりで、まだまだ気温が安定しませんが、いかがお過ごしでしょうか?

10月25、26日に、「第33回関東甲信越理学療法学術大会」が幕張メッセにて開催されました。
当院からは、主任の弦巻と私が参加し、それぞれ発表をしてきました。
e0203948_1847212.jpg


それぞれの発表ポスターの前にて。
e0203948_18472387.jpg

e0203948_18473094.jpg


この学会は、関東甲信越の理学療法士が一堂に会し、研究発表とディスカッションが行われ、さらに著名な先生方による講演なども行われます。

弦巻の発表も私の発表も、約50名の理学療法士が発表を聞きにきてくださり、活発なディスカッションによって有意義な時間を過ごすことが出来ました。

弦巻の発表中の様子です。
e0203948_18474611.jpg


松村の発表中の様子です。
e0203948_1848478.jpg


「六厘舎」という有名なつけ麺屋さんの系列店で食べたつけ麺が、思っていた以上に美味しかったのもいい思い出です(笑)
学会の醍醐味の一つです♪
e0203948_18481245.jpg


当院では、今後も研究活動を行っていき、患者様に効果的な治療を提供できるよう、また全国に発信していけるよう頑張っていきたいと思います。
患者様にもご協力をお願いすることがあるかもしれませんが、今後の医療・理学療法の発展のため、よろしくお願いいたします。


自由が丘整形外科 リウマチ・膝関節専門
〒158-0085 東京都世田谷区玉川田園調布1-15-12
03-3722-1411
[PR]
by jseikei3 | 2014-10-26 18:57 | NEWS
ジャイロでストレッチ

こんにちは!最近天高く馬ならぬ、鶴肥ゆる感じに体重増加している理学療法士の鶴・・弦巻です。

そろそろ5studio SEASONSでのダイエット企画

http://www.jseikei.com/studio/NEWS2014_09.pdf

に参加しようかと本気で考えている今日この頃ですが、本日はそんな5studio SEASONSでのジャイロキネシスプログラムについてのお知らせです(*´∀`*)

ジャイロキネシスって?

以前の当ブログでも取り上げましたが

http://jiyustaff.exblog.jp/21015905/

ジャイロキネシスとは、猫のようなしなやかなカラダを目指す運動です。

GYRO(ジャイロ=らせん・捻り)の動きやイメージを使って胴体部分を中心に全身を動かし、普段使わない筋肉を活性化していきます。ご高齢の方から運動選手まで体の状態に合わせた運動量で、柔らかくしなやかな身体を作り、心身ともに健康になることを目指します。

e0203948_17561685.jpg

StudioSEASONSではGYROKINESIS®認定トレーナーの難波志乃が指導致します。

e0203948_17560058.jpg

そのジャイロキネシスに今月より“ジャイロでストレッチ”というクラスが加わりました。

http://www.jseikei.com/studio/index.html (毎週木曜日)

四肢の摩擦運動や簡単な体幹の動作によって循環を改善して筋の緊張状態を整えることができます。

e0203948_17560644.jpg

普段あまり運動しないけれど、手足も冷えるし体の強張りも気になる・・・という方はこの機会に是非参加してみては如何でしょうか?

e0203948_17562133.jpg

studioSEASONSでのプログラムは健康増進を目的としていますので、治療とは異なります。詳細は各スタッフにお尋ね下さい。



自由が丘整形外科 リウマチ・膝関節専門
〒158-0085 東京都世田谷区玉川田園調布1-15-12
03-3722-1411
[PR]
by jseikei3 | 2014-10-24 17:58 | Studio SEASONS
天本院長による定期勉強会報告

こんにちは!理学療法士の弦巻です。

秋も深まり、徐々に冬の足音が近づいてきました。年末年始のことも考え始めて、また一つ歳を取るのだなあとしみじみと感慨にふけってしまう今日このごろです()



今日は1017()に行われた天本院長主催の定期勉強会の報告をさせて頂きます。

今回のテーマは

①股関節唇損傷の病態・画像診断とリハビリテーションについて

②肩関節の解剖~肩腱板損傷の病態と画像診断について

③膝外側円盤状半月板の症例検討

の3点でした。

e0203948_16314863.jpg

①股関節唇損傷の病態・画像診断とリハビリテーションについて

股関節唇損傷とは骨盤の臼蓋と呼ばれる部分と大腿骨頸部前方の衝突によって関節唇や臼蓋関節軟骨が損傷することで、いくつかのタイプがあり、10代から40代を中心に発症します。自覚症状としては股関節を深く曲げたり、内旋(内側に捻る)する姿勢や、10-15分の歩行、座位からの立ち上がり、片脚立位での痛みです。

日常生活動作ではしゃがみ込みや車の乗り降り(特に車高の低い車)、振り返り等が挙げられます。

e0203948_16364087.jpg

股関節唇損傷の有無はMRI撮影で確認します。上記のような動作で股関節に痛みがある方は、受診していただきMRIを撮ることをお勧めします。

あまり痛みが強い時や、症状の重い時は手術適応ともなりますが、運動療法で寛解することも期待できます。具体的には、

・股関節周囲筋の筋緊張の正常化

・骨盤の可動性改善

・体幹安定性の向上

・股関節外旋筋・外転筋・腸腰筋の再教育による股関節求心位獲得

・協調運動の改善

を図ることで症状軽減が可能です。

e0203948_16313175.jpg

②肩関節の解剖~肩腱板損傷の病態と画像診断について

肩関節は腱板と言われる4つの筋肉(棘上筋・棘下筋・肩甲下筋・小円筋)によって深い位置で支えられていますが、これらの筋肉が何らかの原因で傷ついたり、切れてしまうと腱板損傷・断裂となり、肩の痛みとなって現れます。

e0203948_16364344.jpg

腱板損傷はその傷害された部位によって症状が異なりますが、重いものでは夜間に眠れない・起きてしまうほどの夜間痛を伴うものもあり、放置しておくと関節拘縮(関節とその周囲組織が硬くなって動きが悪くなること)を起こし、2次的・3次的な障害を引き起こすこともあるため、早期の診断と治療が必要となります。

理学所見としては肩を挙上する際にある一定の範囲に来た時や、背中に手を回した状態から手を離すときに疼痛が生じること等で推測されますが、確定診断にはMRI所見が重要となります。

腱板損傷は転んだり、ぶつけたなど特に誘因がなくても発生するため、肩の運動時痛や夜間痛がある等心配がある方はお気軽に当院スタッフに相談して下さい。

e0203948_16314246.jpg

③膝外側円盤状半月板の症例検討

 前回の勉強会でもテーマとなった膝外側円盤状半月板の実際の患者さんのケースについて、現在の症状と痛みの原因の推測、治療方針等について天本院長のご意見を聞きながら

リハビリテーション科全スタッフでディスカッションしました。

 今回のケースは比較的若い患者さんのケースであり、将来的な展望まで視野に入れた非常に有意義なディスカッションになりました。

天本院長の定期勉強会、次回は11月開催予定です。

また報告させて頂きます!




自由が丘整形外科 リウマチ・膝関節専門
〒158-0085 東京都世田谷区玉川田園調布1-15-12
03-3722-1411
[PR]
by jseikei3 | 2014-10-23 16:40 | お知らせ
就職説明会

こんにちは。

リハビリテーション科、理学療法士の白須達也です。


先日、AR-Ex Medical Group主催の就職説明会に事務長の山口と参加してきました。

AR-Ex Medical Group副理事長の中村 崇先生のお話しは、私自身も

仕事とは?

医療とは?

社会とは?

何なのかということを改めて考えさせて頂きました。


e0203948_22250097.jpg
e0203948_22250443.jpg
e0203948_22245573.jpg

説明会では当院の特徴や特色、求めている人材等を参加者の方々にお話しさせて頂きました。

e0203948_22250955.jpg

当日は台風が来ていましたが、遠方からの参加者もおり熱気あふれる説明会になりました。

今後も医療を通じて社会貢献ができるよう日々、努力していきたいと思います。








自由が丘整形外科 リウマチ・膝関節専門
〒158-0085 東京都世田谷区玉川田園調布1-15-12
03-3722-1411
[PR]
by jseikei3 | 2014-10-15 22:45
皆既月食
みなさん、こんにちは。
トレーナーのヒガシオノです。


10月8日に3年ぶりの皆既月食(部分食)当院からも見ることができました!!
e0203948_11405765.jpg

月食とは、
太陽の光を浴びている地球の影に月が通過することによって、暗くなったり、欠けたりして見える現象です。
この月食は、太陽-地球-月が一直線に並ぶ時、つまり、満月のときだけに起こるもので、これらの軌道が合わさる時にしか起らないそうです。

e0203948_11535340.jpg
段々欠けてきました!!

e0203948_11544568.jpg
月のすべてが入り込む、皆既食は雲に隠れてみることができませんでした。
この皆既月食の色は、大気中のチリの量などで見える色が違うそうです。

次に国内で皆既月食が見ることができるのは来年の4月4日。
見逃した方はぜひ来年に!



自由が丘整形外科 リウマチ・膝関節専門
〒158-0085 東京都世田谷区玉川田園調布1-15-12
03-3722-1411
[PR]
by jseikei3 | 2014-10-11 13:01
第7回 関節治療研究会 参加報告

リハビテーション科理学療法士の白須達也です。

先日行われました、自由が丘整形外科 理事長 天本藤緒主催の

「第7回 関節治療研究会」についてご報告します。

【一般講演】

「開業医で行うRA早期治療 —その安全管理と医療コストに関わる倫理性—」

演者:天本 藤緒先生(自由が丘整形外科 院長)

座長:巽 一郎先生(湘南鎌倉総合病院 人工膝関節センターセンター長)


【特別講演】

『変形性膝関節症に対する家庭用体重計を用いた定量的運動の効果』

演者:戸田 佳孝先生(戸田リウマチ科クリニック 院長)

座長:巽 一郎先生(湘南鎌倉総合病院 人工膝関節センターセンター長)

一般講演では理事長の天本が当院で行っているRA(リウマチ)の治療法や考えを講演しました。

不安がある患者さんに対して医療者がどのような事が提供でき、どのような社会貢献ができるのかを明確に説明していました。また変形性膝関節症の当院での今後の目標などを話しました。


特別講演では戸田リウマチ科クリニック院長の戸田佳孝先生をお招きし、変形性膝関節症に対する保存療法に対するこれまでの研究や治療法、治療を行う上での注意点などをご公演頂きました。

具体的にはインソールや注射、ストレッチや筋力強化などのお話しがあり、理学療法士としてとても勉強になるものばかりでした。

変形性膝関節症に対する保存療法の中で理学療法は大きな役割を担います。

関節治療研究会で得た知識を臨床の患者様に還元していけるよう今後も日々精進していきたいと思います。今後ともご支援の程、よろしくお願い致します。


自由が丘整形外科 リウマチ・膝関節専門
〒158-0085 東京都世田谷区玉川田園調布1-15-12
03-3722-1411
[PR]
by jseikei3 | 2014-10-07 18:36 | お知らせ
第6回変形性膝関節症を考える会㏌大阪 参加報告

自由ヶ丘整形外科 事務長の山口です。


先月の話になりますが、天本理事長の大阪での講演の内容を記載致します。

「ホンマでっかTV」に出演されている戸田佳孝先生のご紹介で、大阪にて特別講演を行って参りました。


特別講演】
リウマチ治療におけるスムーズかつ安全なBio導入について

演者:天本藤緒 先生 (医療法人社団SEASONS 自由ヶ丘整形外科 理事長)
座長:戸田佳孝 先生 (戸田整形外科リウマチ科クリニック 院長
)


e0203948_11214960.jpg

〔演題〕

当院における理学療法士の取り組み

演者:山口   (医療法人社団SEASONS 自由ヶ丘整形外科 事務長/理学療法士)
座長:佐藤宗彦 先生 (蒼龍会 井上病院 副院長)

e0203948_11242925.jpg

僭越ながら私も前座として、当院の取り組みについてお話しさせていただきました。

戸田先生が足底版療法に大変ご理解があるため、インソールの話を中心にさせていただきました。

今後も学術研究に励んでいきたいと思います。

人生でも数少ない大変貴重な経験でした

今後とも宜しくお願いします。


自由が丘整形外科 リウマチ・膝関節専門
〒158-0085 東京都世田谷区玉川田園調布1-15-12
03-3722-1411
[PR]
by jseikei3 | 2014-10-07 11:26 | お知らせ
第2回AR-Exグループ-自由が丘整形外科合同勉強会報告

こんにちは!

理学療法士の弦巻です。

秋も深まってきて、朝晩の冷えや雨などで身体が痛くなったり調子が悪くなったりされる方もいらっしゃることと思います。

いつもと調子が違うな?心配だな・・・と思われる方は、受診の際やリハビリテーションの際に当院スタッフまでお声がけ下さい!


本日は、少し日が経ってしまったのですが先月に行われたアレックスメディカルグループ

http://ar-ex.jp/group/group.htm

さんとの合同勉強会についてのご報告です。

今回で2回目となる定期合同勉強会が当院5studio SEASONS

http://www.jseikei.com/studio/index.html

にて開催されました。


今回は、尾山台整形外科の理学療法士さんによる“前十字靭帯再建術後の症例-体操競技への復帰を目指して-”という内容で行われました。

e0203948_10530431.jpg


前十字靭帯を断裂してしまい、再建手術を受けた患者さんに対し、体操競技への復帰を考えるといった内容で、集まった30名を越す理学療法士やトレーナー間で多くの意見がかわされ、今回も大変有意義な会となりました。


合同勉強会はこれからも定期的に開催されていく予定ですので、随時ご報告させていただきますね!



自由が丘整形外科 リウマチ・膝関節専門
〒158-0085 東京都世田谷区玉川田園調布1-15-12
03-3722-1411
[PR]
by jseikei3 | 2014-10-06 10:55 | お知らせ