自由が丘整形外科 リハビリハンドブック
jiyustaff.exblog.jp
ブログトップ
<   2014年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧
免疫力を高めましょう!
こんにちは、理学療法士の須藤です。

今年は関東各地で記録的な積雪があり、寒さも一層厳しいように感じられます。
また例年同様流行していたインフルエンザやノロウイルスによる感染症は、
今月16日までで今シーズンの流行のピークを過ぎたとのこと(国立感染症研究所による)です。

さて、今回はそのような感染症を予防するための防御システムである
『免疫』について簡単にお話させていただきます。

まず、免疫とはなにか?

その定義は
“人体(自己)にとっての異物を『非自己』と認識し排除するシステム”です。

つまり、『非自己』であるウイルスや細菌など体外のものが、体内に侵入した際に
白血球などの免疫細胞が協力して異物を退治するシステムで、感染症から身を守ります。

では、免疫の状態を知るにはどうしたらよいのでしょうか?
チェックポイントを作成したので、○×で確認してみましょう

===========================================================
①普段の体温が36℃以下である               YES◯ or NO☓

②普段あまり運動をしない

③習慣的に激しい運動をしている (フルマラソンなど)

④夢中になって楽しめる趣味がない

⑤汗をかきやすい、または冷え性
===========================================================

どうだったでしょうか?
一つでも当てはまる人は、免疫力が低下している可能性があるため注意が必要です。

免疫が低下しやすい人の特徴としては、以下のようなものが挙げられます。

①低体温の人 (平均は概ね36.5~37.0℃)
体温が1℃下がると免疫力は約37%低下します。

②運動習慣の少ない人
 適度な運動を継続することで免疫細胞が活性化します。

③習慣的に激しい運動をしている人
 フルマラソンなど激しい運動を行った後は一時的に免疫細胞の働きが低下します

④夢中になって楽しめる趣味が無い人
 人間は“楽しさ”を感じると、免疫細胞を活性化させる働きのあるβ-エンドルフィンという物質が大量に放出されます。

⑤イライラしやすい人 汗をかきやすい、または冷え性の人
 自律神経のバランスが崩れて交感神経優位になると免疫細胞が自己の身体を攻撃し、突発性難聴、過敏性大腸炎などの症状が出現します。

まとめると、、、、
免疫力を高めるためには、

“楽しく継続できて、適度な負荷の運動が一番!”

私も、最近寒くてサボっているランニングをそろそろ再開する予定です…。
適度な運動を楽しく続けながら、免疫力を高めて健康な体づくりに取り組みましょう。

e0203948_1272056.jpg

運動方法について何かご質問があれば、
リハビリテーション科スタッフまでお問い合わせ下さい。




056.gifリウマチ・膝関節専門 自由が丘整形外科
072.gif膝関節症専用膝サポーター自由膝
[PR]
by jseikei3 | 2014-02-28 12:07 | 健康の豆知識
「第6回関節治療研究会」を終えて
リハビリテーション科理学療法士、須藤です。

先日行われました、自由が丘整形外科 理事長 天本藤緒主催の
「第6回 関節治療研究会」についてご報告をします。

【特別講演】
『当院で行っている脊椎手術 ~約5000件の手術執刀を経験して~』

演者:大田快児 先生 (医療法人志匠会 品川志匠会病院 院長)
座長:朴英 先生 (焼津市立総合病院 スポーツ整形外科長)

e0203948_1713583.jpg

 
今回、特別講演にお招きした大田先生のおられます
“医療法人志匠会品川志匠会病院”は、脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニア、後縦靭帯骨化症などに特化した脊椎専門の整形外科として、2013年11月に開院されました。
院長の大田先生のご公演では、脊椎疾患約5000例の手術執刀経験をふまえて、手術の適応基準や術式の選択方法、難渋例に対する治療方法などについて幅広く解説していただきました。
 具体的には、
「脊椎分離症では下肢痛があれば手術適応、腰痛のみであれば経過観察をする。」
「後弯症は胃腸障害が出現した場合に手術を考慮する」など、

手術の適応基準が難しいとされている脊椎疾患に関して、明確な回答を提示していただきました。
また、手術には合併症などのリスクはつきものですが、品川志匠会病院では手術中の執刀操作により永久に車イスになったケースは1例も無く、合併症発生率の低さに驚かされました。 

 脊椎外科手術後のリハビリテーションでは、手術によって固定している部位の緩みを出さないような運動・生活指導や、隣接した椎間の不安定性を生じさせないための体幹筋力トレーニングが必要とされるため、手術に関する知識は理学療法士としても知っておかなければいけないと改めて感じました。

 関節治療研究会で得た知識を臨床の患者様に還元していけるよう日々精進していきたいと思います。今後ともご支援のほど宜しくお願い申し上げます。


056.gifリウマチ・膝関節専門 自由が丘整形外科
072.gif膝関節症専用膝サポーター自由膝
[PR]
by jseikei3 | 2014-02-26 17:03 | NEWS