自由が丘整形外科 リハビリハンドブック
jiyustaff.exblog.jp
ブログトップ
<   2012年 09月 ( 1 )   > この月の画像一覧
~ 2012 ロンドン・オリンピックを経験して~
リハビリテーション科の浅岡良信です。
昨年の2011年5月より、1年半の間、自由が丘整形外科を休職し、今年の9月より復職しました。
休職の間、シンクロナイズド・スイミング中国代表チームのヘッドコーチである井村雅代氏とともにナショナルチームのサポート活動を行っていました。先月に行われたロンドン・オリンピックでの演技が記憶に新しい方も多いと思います。

井村雅代氏が中国代表チームのヘッドコーチに就任をした事に伴い、急遽、以前から交流のあった私に召集がかかったのです。

私はフィジカル・コーチとして、選手に対して筋力トレーニングを行うことにより身体を鍛える事と、怪我をした選手のリハビリテーションという仕事をしてきました。

1年半という期間中は本当に厳しい練習になりました。毎日、朝の7時30分から練習が始まり、練習時間は14時間を超えることも多々ありました。休日は週に1日ありますが、課題がある選手は休日も練習を行っています。水中でのプール練習もそうですが、筋力トレーニングも選手達は汗と涙を流して本当に苦しい練習を必死に耐えてきました。
この競技の種目は、2人で行う「デュエット」と、8人で行う「チーム」の2種類がありますが、デュエット種目で銅メダル、チーム種目で銀メダルを獲得する事ができました。(日本チームは両種目とも5位でした)
今回の銀メダルと銅メダルは、その努力の証であり結晶だと思っています。

実は、ハードの練習のなかに自由が丘整形外科でも提供しているヤムナ®やBCT(血液循環療法)も行いました。ヤムナ®を行うことにより、身体の歪みを矯正して緊張を解きほぐす効果と、血行の循環促進のために疲労回復といった効果が得られました。そしてBCTを行うことにより疼痛軽減や筋肉を効率よく鍛えるといった効果がありました。

もし、興味のある方はヤムナ®やBCTを是非、試して頂きたいと思っております。

今後は、オリンピックを通じて経験した様々な事を自由ヶ丘整形外科にて皆様に提供していきたいと思っております。これからも宜しくお願い致します。

e0203948_13264380.jpg


※現在は退職されています。

056.gifリウマチ・膝関節専門 自由が丘整形外科
072.gif膝関節症専用膝サポーター自由膝
[PR]
by jseikei3 | 2012-09-12 17:53 | お知らせ