自由が丘整形外科 リハビリハンドブック
jiyustaff.exblog.jp
ブログトップ
<   2012年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧
“熱中症”について
みなさん、こんにちは。
自由が丘整形外科 理学療法士の 山口剛(GO)です。

蒸し暑い日が続いていますが、熱中症などにかかっていませんか。

と、言うことで

今回のテーマは「熱中症の知識を十分に持って、夏を乗り切ろう」です。

一言に「熱中症」と言っても、種類は一つとは限りません。
熱中症とは暑い環境の中で起こる傷害のことで、

①失神(熱虚脱) : 脳血流低下状態(めまい・失神など)
②熱疲労     : 大量に汗をかき、水分・塩分消失状態(脱力感・吐き気など)
③熱痙攣     : 血液中の塩分濃度が低下している状態(筋肉の痛みを伴った痙攣)
④熱射病     : 中枢神経に異常が発生した状態(意識症状)


の上記4つが挙げられます。

予防としては、水分補給・休息・直射日光を避ける・通気性の良いものを着用することも良いでしょう。
人は汗をかくと、水分とともにミネラルやエネルギーも失いますから、塩分などの補強も必要です。

しかし予防をしていたが「熱中症」が起こってしまった時はどうすればよいでしょうか?

安静にして涼しいところで衣服を緩め、水分補給をしてください。
症状が収まるまで頭を低くした状態で手足の先(末梢)から、心臓(中枢)に向かってマッサージをしてあげると心臓への血行が良くなり回復の手助けとなります。
もし、症状が収まらなければ冷水で体を冷やし、周りからあおいでもらうなどしてください。それでも体温が普段より高かったり、意識がはっきりしないようなら、重い熱射病の疑いがありますから、すぐに医療機関を利用するようにしてください。


質問、お問い合わせは療法士までお願い致します。
今後もスタッフ一同学術・研究と努力していきたいと思います。
宜しくお願いします。


056.gifリウマチ・膝関節専門 自由が丘整形外科
072.gif膝関節症専用膝サポーター自由膝
[PR]
by jseikei3 | 2012-07-30 17:07 | リハビリ・運動療法