自由が丘整形外科 リハビリハンドブック
jiyustaff.exblog.jp
ブログトップ
カテゴリ:NEWS( 7 )
5本指ソックスで足の機能改善!!
こんにちは。
トレーナー兼リハビリ助手のヒガシオノです。

3月に入り朝晩はまだまだ寒い日が続きますが、太陽の日差しは暖かくなってきましたね。


先月から当院にてタビオのレーシングランソックス(5本指ソックス)が販売開始となりました!!

e0203948_15330836.jpg

この5本指ソックスは当院ドクター、スタッフの一押しソックスです!

なぜ5本指ソックスをおススメするかと言いますと・・・

足の機能改善です!!

皆さん、足の指はきちんと使えてますか?
アーチ(土踏まず)はありますか?

例えば、ミトンの手袋と5本指の手袋はどちらの方が手(指)が動かしやすいですか?
5本指の手袋の方が動かしやすいですよね!
足も一緒で5本指ソックスの方が足の指も動かしやすくなります。

現代の生活では足の指を使わないでも生活できてしまいます。
足がうまく使えるようになると関節にかかる負担も軽減されます。


タビオのレーシングランソックスは

①疲れにくいアーチサポート機能
②かかとがずれにくいYヒール(かかとの面積が大きい)
③滑り止め加工
④ムレにくいメッシュ
⑤足の形に沿った立体製法

という機能がついており、一般的なソックスより機能が良い作りとなっています。

履いているだけで足の機能改善を助けてくれる!
そんなソックスは嬉しいですね♪


販売以降、ご好評いただたいております!
在庫が少なくなってきている場合がありますが、ご予約もできますのでお気軽にお声かけください♪

[PR]
by jseikei3 | 2017-03-22 16:26 | NEWS
社員旅行
昨日は日帰りバスツアー、社員旅行でした??❤️

総勢30名近く‼️
ご家族も参加です❤️


まずは当院を出発し茨城方面へ‼️

e0203948_20421668.jpg


朝早かったにも関わらず、
バスの中でもみんな元気です??
カラオケもしましたー‼️笑


そして、あっと言う間に
水戸偕楽園に到着✨

e0203948_2043225.jpg


e0203948_2043686.jpg


e0203948_2043109.jpg


黄門様と一緒に記念撮影✨
「この紋所が目に入らぬか〜〜〜」と院長。笑
e0203948_2050173.jpg




梅は見頃を少し過ぎていましたが
とーってもきれいに咲いている種類もあり十分楽しめました❤️
人で賑わっていました✨



バスガイドさんより
梅美人と桜美人。梅は一つ一つの蕾が大きくきれいであるため近くからみると美しい。
桜は一つ一つの蕾は決して派手ではないけれど遠くから見ると美しさがある」
とのことです??✨



そのあとは那珂湊に移動し

お寿司食べ放題‼️‼️
みんなのテンションもマックスです❤️


こーんなに大きいネタ✨
シャリからはみ出しています‼️‼️
e0203948_20483864.jpg




スタッフ白須さんがシラスを美味しそうにパクリ。笑
e0203948_204844100.jpg



漁港では新鮮なお土産もたくさん買えました✨✨
e0203948_20511486.jpg



その後は近くのめんたいパーク



明太子のキャラクターに遭遇し、みんな大喜び❤️
e0203948_20521011.jpg

※全員当院関係者のちびっこです。笑



さっきあれだけお寿司食べたのに
今度は明太ソフト❤️美味しい〜〜✨
e0203948_20521547.jpg






そしてそして
最後はイチゴ狩りっ??

e0203948_2054591.jpg

e0203948_2054174.jpg




お腹いーっぱいの旅でした??

本当に楽しかったです✨

またさらに一致団結‼️

チームワークで日頃の業務も頑張ります??✨


スタッフ 丹羽より




自由が丘整形外科 リウマチ・膝関節専門
〒158-0085 東京都世田谷区玉川田園調布1-15-12
03-3722-1411
[PR]
by jseikei3 | 2015-03-27 21:04 | NEWS
☆学会参加報告☆
こんにちは!理学療法士の松村です(^_^)
季節の移り変わりで、まだまだ気温が安定しませんが、いかがお過ごしでしょうか?

10月25、26日に、「第33回関東甲信越理学療法学術大会」が幕張メッセにて開催されました。
当院からは、主任の弦巻と私が参加し、それぞれ発表をしてきました。
e0203948_1847212.jpg


それぞれの発表ポスターの前にて。
e0203948_18472387.jpg

e0203948_18473094.jpg


この学会は、関東甲信越の理学療法士が一堂に会し、研究発表とディスカッションが行われ、さらに著名な先生方による講演なども行われます。

弦巻の発表も私の発表も、約50名の理学療法士が発表を聞きにきてくださり、活発なディスカッションによって有意義な時間を過ごすことが出来ました。

弦巻の発表中の様子です。
e0203948_18474611.jpg


松村の発表中の様子です。
e0203948_1848478.jpg


「六厘舎」という有名なつけ麺屋さんの系列店で食べたつけ麺が、思っていた以上に美味しかったのもいい思い出です(笑)
学会の醍醐味の一つです♪
e0203948_18481245.jpg


当院では、今後も研究活動を行っていき、患者様に効果的な治療を提供できるよう、また全国に発信していけるよう頑張っていきたいと思います。
患者様にもご協力をお願いすることがあるかもしれませんが、今後の医療・理学療法の発展のため、よろしくお願いいたします。


自由が丘整形外科 リウマチ・膝関節専門
〒158-0085 東京都世田谷区玉川田園調布1-15-12
03-3722-1411
[PR]
by jseikei3 | 2014-10-26 18:57 | NEWS
学会発表報告
蒸し暑く寝苦しい日が続く中、いかがおすごしでしょうか?
こんにちは。理学療法士の松村です(^_^)

7月26日、首都大学東京 荒川キャンパスにて「第50回 日本理学療法学術大会 プレ・コングレスミーティング 全国症例研究発表大会」が開催され、発表を行ってきました。
e0203948_1855553.jpg


内容は、めまい(良性発作性頭位めまい症)を有する患者様に対する治療が著効した症例についてです。

めまいと聞くとどこからくる病気だと思われるでしょうか?
頭?頸?耳?
正解は全てで、
①頭からくるもの(中枢性めまい)
②首からくるもの(頚性めまい)
③耳からくるもの(耳性めまい)
の3種類に大きく分けられます。

その中で良性発作性頭位めまい症(BPPV)とは、③の耳性めまいという分類になります。
なでしこJAPANの澤選手が発症したことでメディアでも取り上げていましたね。
その原因は、耳の中(内耳)にある三半規管の中でも、特に後半規管と呼ばれる部位内を耳石が移動してしまいめまいが出現するものです。
(耳石とは文字通り石ですが、炭酸カルシウムにタンパクがくっついた非常に小さな結晶のことです)

その特徴としては、ある方向を向いたらめまいが出る(右を下にして寝る時など)、耳鳴や難聴は伴わない、などがあげられます。
e0203948_196862.jpg



実は私自身も昨年突然BPPVになってしまいました。

私の場合、大学病院を受診したところ薬を処方されたのみでその他の治療は特にされませんでした。
その結果、約1週間めまいと嘔吐によって仕事も出来ず苦しい思いをすることになりました。(今では元気です^^)

このような経験から何か良い治療法はないのかと思い様々な論文などを調べたところ、Epley法という治療法が最も有効であるという報告を発見しました。

Epley法とは頭の位置を動かしてあげることで、後半規管内にある耳石を元あるべきところに移動させてあげる治療法です。

今回発表させていただいた患者様も1回の治療で9割方症状が改善しました^^

発表は質疑応答にて6名ほどから質問をいただき、非常に活発な議論をすることができ、有意義な時間となりました。
e0203948_1995153.jpg



そして7月29日、院内のスタッフ向けに「めまいの理学療法」についての勉強会を開きました。
e0203948_18594327.jpg


めまいに関する基礎的なことから、その評価法、治療法に至るまで行い、最後は実際にEpley法の実技を行い終了しました。
e0203948_1923222.jpg


めまいに対する理学療法は、アメリカなどではスタンダードになっているのですが、日本ではなじみがありません。

私のように自分自身が体験し、さらに患者様に対する治療を行わせてもらった経験のある理学療法士が、少しでもその経験を発表し伝えていくことが重要であると考えています。

我々、自由が丘整形外科スタッフ一同は定期的に勉強会を行い、知識・技術の共有、
向上に努めております。
今後もスタッフ一同精進してまいりますのでよろしくお願いいたします。

注:めまいの症状がある場合、まずは専門の耳鼻科を受診し医師にご相談下さい。
[PR]
by jseikei3 | 2014-07-31 19:10 | NEWS
理学療法士 輿さんご紹介

こんにちは、理学療法士の弦巻です。
4月から毎週火曜日の非常勤として理学療法士の輿さんが入職しました。

輿さんは自身も関節リウマチ患者であり、治療をうけながら職業復帰された経験をお持ちです。
その点で、リウマチに悩む患者さんの気持ちに寄り添える理学療法士であると思います。

以下輿さんの自己紹介文になります。


理学療法士の輿日登美(こし・ひとみ)です。

4月から毎週火曜日に非常勤で勤務させて頂いています。

 

こちらでブログを書くのは初めてなので、自己紹介をさせていただきます。

  

私の保持する資格は、理学療法士の他に、

 

心臓リハビリテーション指導士

3学会合同呼吸療法認定士

 

です。

 

 

現在、火曜日以外は大学病院の研究室で研究補佐と心臓リハビリテーションの臨床業務をしています。

 

心疾患のリハビリをしていると、関節リウマチと心疾患には共通点がいくつかあることを感じます。

炎症サイトカインが増加する疾患であること、症状を改善するのに運動療法が有効であること、

しかし患者さんにとっては、苦しさ・痛さの記憶があるため、なかなか運動ができないこと、などです。

 

体力を落としたリウマチ患者さんと、できるだけ痛みが少なく身体を動かせる方法を一緒に探しながら、活気を取り戻すお手伝いをさせて頂きたいと存じます。

 

 

私自身も平成224月に診断を受けた「関節リウマチ患者」です。

 

一時はDAS-283.6まで上昇し、手首や指が腫れあがってリウマチの皆様にはおなじみの「トイレで拭くのが大変」なことになったり、「寝返りできない肩の痛み」、「刃物を踏むような足指の痛み」に悩んだりもしました。

 

発症後、一般病院での臨床業務は無理としても、形を変えれば理学療法士の仕事を続けることは可能と判断して、復職を目標として投薬治療とリハビリを続けました。昨年無事に復職し、この度自由が丘整形外科で臨床業務につけることを大変嬉しく思っています。

 

発症から復職までの経過を個人ブログに記録していましたので、よろしければ見てください。

こちら→ http://ameblo.jp/99cpr99

 

 

現在はエンブレル50mg/週の投薬ですが、「エンブレルを減量して就業を継続すること」を目標としています。一緒に頑張りましょう!

 

 

先日、スタッフ向けに、自分自身のリウマチをPT・患者の両面から見直し、心に残る「声かけ」を検討する症例報告会を行いました。

 

 


 



e0203948_10154573.jpg
e0203948_10163186.jpg


 

スタッフの皆さんから質問を熱心に頂き、私自身もかなり刺激を受けました。

今後もスタッフと切磋琢磨して少しでも進歩し続けたいと思っています。

宜しくお願いします。



以上です。

 

輿さんにご自身の症状や悩み等について相談したい、治療を受けてみたいという方は、受診の上火曜日のリハビリテーションで輿さんを指名でご予約下さい。

今後ともよろしくお願い致します。


[PR]
by jseikei3 | 2014-05-20 10:28 | NEWS
「第6回関節治療研究会」を終えて
リハビリテーション科理学療法士、須藤です。

先日行われました、自由が丘整形外科 理事長 天本藤緒主催の
「第6回 関節治療研究会」についてご報告をします。

【特別講演】
『当院で行っている脊椎手術 ~約5000件の手術執刀を経験して~』

演者:大田快児 先生 (医療法人志匠会 品川志匠会病院 院長)
座長:朴英 先生 (焼津市立総合病院 スポーツ整形外科長)

e0203948_1713583.jpg

 
今回、特別講演にお招きした大田先生のおられます
“医療法人志匠会品川志匠会病院”は、脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニア、後縦靭帯骨化症などに特化した脊椎専門の整形外科として、2013年11月に開院されました。
院長の大田先生のご公演では、脊椎疾患約5000例の手術執刀経験をふまえて、手術の適応基準や術式の選択方法、難渋例に対する治療方法などについて幅広く解説していただきました。
 具体的には、
「脊椎分離症では下肢痛があれば手術適応、腰痛のみであれば経過観察をする。」
「後弯症は胃腸障害が出現した場合に手術を考慮する」など、

手術の適応基準が難しいとされている脊椎疾患に関して、明確な回答を提示していただきました。
また、手術には合併症などのリスクはつきものですが、品川志匠会病院では手術中の執刀操作により永久に車イスになったケースは1例も無く、合併症発生率の低さに驚かされました。 

 脊椎外科手術後のリハビリテーションでは、手術によって固定している部位の緩みを出さないような運動・生活指導や、隣接した椎間の不安定性を生じさせないための体幹筋力トレーニングが必要とされるため、手術に関する知識は理学療法士としても知っておかなければいけないと改めて感じました。

 関節治療研究会で得た知識を臨床の患者様に還元していけるよう日々精進していきたいと思います。今後ともご支援のほど宜しくお願い申し上げます。


056.gifリウマチ・膝関節専門 自由が丘整形外科
072.gif膝関節症専用膝サポーター自由膝
[PR]
by jseikei3 | 2014-02-26 17:03 | NEWS
新年あけましておめでとうございます。
新年あけましておめでとうございます。
平素はご愛顧を賜わり、厚く御礼申し上げます。

当院では昨年末、消防士の方の指導のもと、
通報・消火・避難訓練を行いました。

e0203948_1564921.jpg


火災を想定した初期消火訓練では、
実際に消火器を使用しての初期消火活動も体験し、
スタッフ一同、真剣かつ積極的に訓練に取組みました。


最後には消防士の方と記念写真を取って頂き、訓練体験もふくめ貴重な時間となりました。



今回の様な体験から、火災や災害に対する予備知識を深め、
ご来院いただく患者様の治療だけでなく、安心して来院頂ける環境づくりと
予防対策への取組みを継続していきます。

本年も医療社団法人SEASONS自由が丘整形外科を宜しくお願い致します。

自由が丘整形外科スタッフ一同

e0203948_1456435.jpg


056.gifリウマチ・膝関節専門 自由が丘整形外科
072.gif膝関節症専用膝サポーター自由膝
[PR]
by jseikei3 | 2014-01-14 14:57 | NEWS