自由が丘整形外科 リハビリハンドブック
jiyustaff.exblog.jp
ブログトップ
NEW! タビオ☆

こんにちは、リハビリ助手の松井です110.png 
だんだんと、秋らしくなってきましたね。173.png
私にとって秋といえば、食欲の秋!181.png なのですが、最近おなか周りが気になっているので、今年は読書の秋を目指したいと思います177.png。笑
さて、今回はTABIOの新商品のご紹介をさせていただきます110.png162.png
e0203948_12333114.png
秋冬バージョンのTABIO ロング5本指ソックスです。
消臭機能に優れた素材を使用しているので、長時間靴下をはいていても、においの心配はなさそうですね!
また、男女問わず、ご使用いただけます!!詳細は、スタッフまでお問い合わせください110.png



[PR]
# by jseikei3 | 2017-11-14 12:35
富士山
こんにちは。理学療法士の皆川です110.png

肌寒くなり、日が沈むのもだんだんと早くなってきました177.png

この時期になってくると当院4階のリハビリ室からは、富士山が見えるようになってきます。
今はまだ雪化粧はしていませんが、晴天の日には富士山の頭がはっきりと見えます。

夕方の夕焼けに染まる富士山もとても綺麗です。
e0203948_18584376.jpg
朝の顔、昼の顔、夕方の顔・・・雪化粧された富士山。

リハビリ室に来られた際は是非、様々な富士山の顔を見て行ってください124.png

最近は寒さも一段と深まり、インフルエンザなども流行出している様ですので、体調管理もしっかりしてください166.png
e0203948_18591348.jpg

[PR]
# by jseikei3 | 2017-10-30 19:03
そうだ!よく食べてよく運動しよう!!
こんにちは!
理学療法士の弦巻(ツルマキ)です101.png101.png

秋ですね~169.png・・・と書こうとしたら、東京では最高気温が13℃(10月16日)と、この時期としては46年ぶりに最高気温が15℃を下回り、12月上旬なみの寒さだったそうです・・・145.png145.png

本来秋は気候もちょうど良く、食べ物も美味しい季節ですので、美味しいものをたくさん食べて、その分運動することをおススメしたかったのですが。


さて、皆様は“サルコペニア”や“フレイル”という言葉を聞いたことはありますでしょうか?


サルコペニア Sarcopenia 
1989年に米国の老年医学者Irwin H.Rosenburg博士が、加齢による筋肉量の減少として提唱した概念です。
現在ではサルコペニアは、進行性、全身性に認める筋肉量現象と筋力低下であり、身体機能障害、QOL(生活の質)低下、死のリスクを伴うと定義されています。

フレイル frailty
高齢期において生理的予備能力が低下することで、ストレスに対する脆弱性が亢進して不健康を引き起こしやすい状態がフレイル frailty とされており、転倒、ADL(生活関連動作)能力障害、要介護、死の転帰などのリスクを増大させる。


どちらも良いイメージがない言葉ですが、いずれも原因をしっかり把握し、適切に介入することで心身機能を改善できると期待されています。


サルコペニア、フレイルともに、その判定基準として考慮されるものは歩行速度の低下です(その他筋力や筋肉量、身長・体重、活動性等も考慮されます)。
通常の歩行速度が1秒間に0.8~1.0メートルを下回るとサルコペニアやフレイルと判定されることが多く、普段からウォーキングを行うことが予防として勧められています。

最近元気がなくなってきたけど、年齢のせいだからしかたないか・・・・
とお思いの方!
特別に疾患がなければ、栄養面の改善や定期的・継続的な運動、活動性を上げる等の対応で十分元気を取り戻せる可能性はあります!!

よく食べ、よく運動し、よく眠る。
当院理学療法士は、ストレスを少なく、長く元気で居られるお手伝いができるスタッフが揃っております166.png166.png166.png


[PR]
# by jseikei3 | 2017-10-17 19:34
インソールと5本指ソックスで足の機能改善!!
こんにちは。
リハビリテーション科のヒガシオノ ユミです。

8月に入ってから雨が続き、夏らしくない天気が続いてますね。
涼しい日が多いのは嬉しいですが、太陽が出ない夏はさみしくもあります。


今回は、私の足の機能が改善したというご報告をさせていただきたいと思います!

私はもともとひどい偏平足でした。
それに加え、足首の捻挫癖もあり、調子が悪い時は偏平足がつらくて土踏まずを持ち上げるテーピングをしていたこともありました。

☆2012年3月の当時の足の状態↓ ※どのように体重が乗っているかという画像です。
e0203948_15274116.jpg
土踏まずがほとんどなく、べったり足が床についている状態でした。
この頃から当院で作製したインソールを仕事中使用するようになりました。


☆2013年11月の当時の足の状態↓
e0203948_15285599.jpg

少し土踏まずが出てきました!!


☆2017年8月の足の状態↓
e0203948_15285952.jpg
さらに土踏まずが出てきました!!!
2016年の春ぐらいから仕事中はTabioの5本指ソックスを履き始めました。
また、2017年の冬は趣味のスノーボードでインソールを使用していたため、
ほぼ週7日間インソールを使用している状態でした。

インソールとTabioの5本指ソックスを使用してから大分足の機能が改善されました!
他にも教えていただいた足のトレーニングも気づいたときにするようにしていましたが、高頻度ではなく気づいたときにする程度でした。(週1日ぐらい)
ここ数年では、偏平足で足がつらいと感じることもなくなりました。
また、足の機能が改善したことから冬にあった足先の冷え性もほとんどなくなりました!!

ただ履くだけで足の機能改善を助けてくれるインソールとTabioの5本指ソックス!!
足の機能改善したい方にはおススメです!!!

当院でインソール作製、Tabioの5本指ソックスご購入いただけますので、興味のある方はスタッフまで♪




[PR]
# by jseikei3 | 2017-08-21 15:49 | リハビリ・運動療法
脱水にご注意!
みなさんこんにちは101.png
ブログをご覧いただきありがとうございます178.png
自由が丘リハビリテーション科藤澤汐里です。

連日暑い日が続いていますが、体調はどうでしょうか。
日中の最高気温が30℃を超えると真夏日、35℃を超えると猛暑日と言うようです。
わたしは田園調布駅から当院まで、10分歩くだけでもう汗だくです174.png174.png

この時期話題になるのが 「熱中症、脱水症」です。
体にとって脱水、すなわち体液が不足するということは生命の危機であり、毎年亡くなる方もいらっしゃいます。
その危険をきちんと理解しておきましょう!!


 体の中の水分量の割合は成人で体重の60%、高齢者は50%
体にとって、必要不可欠な体液が不足した状態のことを「脱水」いいます。
体重量の水分量が1%が減少すると初期の脱水の症状が現れ(尿量の減少など)
3%減少で血圧の低下が起こり、10%の水分量が減少すると、死に至ると言われます149.png
体は生命を守るために、汗をかいたり尿を抑えたりして、その水分量のコントロールしています。


 夏バテこそが脱水の症状!140.png
まず体から水分が水分が失われると、それだけ血液の量が減り、血圧が下がります。
すると、肝臓や消化器といった臓器をめぐる血液量が減り、本来の能力がダウンします。
脳への血流量が減ると集中力が低下し、消化管の血流量が減ると食欲不振が起こります。
夏バテといわれる、だるさや食欲不振はまさに脱水の症状なのです。


 関節痛の原因にも
同時に、電解質(イオン)が失われると、体液の濃度調整の機能が低下します。
それによって、神経や筋肉に悪い影響が出て、足がつったり、しびれや脱力(だるさ)が起こったりします。
筋肉がしっかり力を発揮できないので、関節痛の原因にもなります。


 成人では一日に1,500~2,500mlの水分を失っています
尿や汗ではなく、皮膚や粘膜、呼気から意識せずに失っている水分を不感蒸泄といいます。
体重60kgの人が、室温28℃の環境で一日になんと約900mlの不感蒸泄が起こっているのです。
そして体温が1度上昇するとおよそ15%増えます。29℃だと1035ml!!(ペットボトル2本以上!153.png

このバランスをとるために、わたしたちは食べ物から1000ml、飲み物から1200mlとっていると言われていますが、
みなさん、ここ、きちんと飲めているでしょうか。
一日に500mlペットボトル1本も飲めない という方は危険です。
知らず知らずのうちに脱水症状になっているかもしれません163.png

特に高齢の方は腎臓の機能低下があったり、利尿作用も持つ治療薬を服用しているため、
成人と比較して脱水になりやすいのです。
同時にミネラルも不足するので足もつりやすいんですね。。


ペットボトル2本分のお水
さらにミネラルの入った、塩水やスポーツドリンクなどが良いでしょう
意識して飲むことが大切ですね

自由が丘整形外科は、各階にウォーターサーバーをご用意しております。
来院された際は、汗をかいた分、しっかりお飲みくださいね!
プラスして、お塩の入った飴などを携帯されるといいかと思います164.png

みなさんと大切なご家族も、くれぐれも脱水には気をつけて暑い夏を楽しみましょう101.png


[PR]
# by jseikei3 | 2017-07-31 13:26 | 健康の豆知識